• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

きましたねクルマ売却とオークションについて思うこと

mt@502      -

きましたねクルマ売却とオークションについて思うこと

クルマを売り払う方法は、一昔前まではディーラーによる下取、もしくは中古車専門店への引き渡しが一般的でした。新しい車を購入する新車ディーラーに引き取ってもらい、新しい車を購入するお客様が昔は多くいらっしゃいましたが、今はそれを検討する人は少ないようです。下取られるのが、一番トクしない可能性が皆さんに知られてしまったことと、オークションに行くといった目新しい方式が知られ始めているからです。

古い車専門の競りというものがあり、ユースドカー販売店やその他ディーラーなどもそうした所で売り買いをされています。一般の人は入ることができませんが、代行してくれる業者を使うことによって、普通の方であっても愛車を「Auction」で売却というのが可能となっております。もう一方の方法の中古車専門のショップに対する引き渡しでは、ひとまず所有車を査定して頂き、望みの売却額を提示されれば交渉が成立というわけです。

ユースドカーのお店は、買取した中古車をしっかりと整備して自社で販売したり、競りに出したりなどします。どんなやり方を選択するかは判断によりますが、何れを望んでいるのかにより適する方法は違ってきます。絶対にわずかでも高価に販売したい、ということであったら、オークション代行の専門店に頼むのが最も高く売却できる可能性があります。ですが心配せず販売したい、信頼の置ける専業店に買取して頂き、大事に使用してくれる人に売却してほしいという事だったら、ディーラーですとかユーズドカーの販売会社の方が適しているといえます。

代行の方に依頼した場合、販売されるまでメンテの代金を支払しなければいけませんので、販売に時間が必要となると必要経費が割高となる危険性があります。古い車の販売会社なら次の方が出現する前にお金を受け取ることができるメリットが存在します。