• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

きましたね中古車買取とリサイクル料について調べてみた

mt@502      -

きましたね中古車買取とリサイクル料について調べてみた

車を売却する時のやり方といえば買取、そして下取のどちらかが有ります。下取のケースはおニューの自分のくるまのをゲットする際にこれまでのクルマを買い受けして頂くというものです。大体新車のディーラーが買取をすることになるため価格としては割と低くなるケースが多いです。

一方、買取りの方はマイカー買い取り専業店がやっているもので、ユースドカーという名目で店頭に出すことを前提に買取り価格を決定するため、どっちかというと高額な引き取りが期待できます。何れにしても中古車を売却することであり、売り払う前に買取価格を決定するための査定がされることとなります。

見積もりをしていただく時気に掛かるのがリサイクル料です。ユーズドカー審査で出してもらう金額としては中古車本体の額、マイカーについてくる自賠責保険やリサイクル料などを含めた金額の2種類があります有ります。リサイクル料については車を買ったさい、もしくはリサイクル料が未払いだった時には車検の場合に支払われるもので、先々自分のくるまのを廃車として処分するさいに必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などリサイクルするときの費用として使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、処分する時JARSから支払されるということになります。

代金は大体、軽であれば8千円くらい、国産車の場合は約1万円、外国の車とかで1.5万円くらい、それ以外で20000円ほどをいれる必要性が御座います。多くの愛車買取では、こうした「リサイクル料」をユースドカーの買取り額とは他のものとして引受されるという事になるんですが、リサイクル代金をいれて評価のプライスであるというケースも有り、引受を希望する時にまえもって確認しておくことが大事なこととなります。