• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

そうれ!中古車査定と事故歴に関して

mt@502      -

そうれ!中古車査定と事故歴に関して

古くなった自家用車売却を依頼したさいは、まずはじめに値踏みを受ける事となります。その審査に関しては買取専業店の査定担当者がするわけですが、オークションマーケットの価格等から値段が出されることとなります。

通常、ユースドカーということで売りに出されているプライスの20~30%ほどが査定額とされていますが、評判の車種であったり、珍しい車種であったりするケースでは高い査定が付くケースもあります。ほかにも、製造年が新しいほど高くなります。ただ、そうした買取の値段は自動車がパーフェクトな状態のケースであり、万全じゃない場合には低く見積もられます。中でも修復の跡などは査定にとても影響します。

修理の跡とは言っても定義があいまいですが、とりあえず自動車の骨組みであるフレームにまでダメになるような事故をしてしまった車は事故車という事になります。そのような修復歴のあるくるまはあとからなんらかのマイナスの影響が現れる危なさがあるため、買取の値段に関しては悪材料とされてしまいます。一方で、フレームにまで影響しておらず、外見を修繕したくらいだったらなりませんが、とはいえ修理歴が付いてしまいます。

無論、修理歴は付く訳なのでデメリットの被害は有るわけですが、事故車よりも低く査定されることは無いです。また、エンジンやギアなどに面倒が出ている場合もマイナスとして鑑定されますし、普段からの手入れの良し悪しが買取価格に影響されます。

この辺りは私たちにはちんぷんかんぷんですが、審査をしている買取ショップではシッカリとその部分も確認してくるでしょう。

どちらにせよ修復歴は無いという事がくるま見積金額を上昇させることができるか否かのポイントとなってきます。