• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

ついにきた、「車を売る時のローンの残り」

mt@502      -

ついにきた、「車を売る時のローンの残り」

車の買取店に値踏みを頼んだものの、ローンが残したままであることも考えられます。そういった時には、売ろうとするマイカーの権利が貴方自身なのか誰かほかの人なのかどうか取りあえず確認しておく必要があります。

実際のところ、所有者が誰かについてなにを見たらいいのかと言えば、「自動車検査証」に書かれている名前が自動車の所有者ということになります。

マイカーを買ったときに銀行系のローン支払いを組まれた時には、こちらの「車検証」に書かれている名前がご自身の名前になっていますが、自動車ローンを設定したのが信販会社であった場合は名前がそこの名前となっています。クレジット会社で分割払いを組む場合どういう理由でこんな形でその会社を持ち主として登録しているのかと言いますと、回答としては月の払いが滞ったりしたら、直ちにお車を担保として確保することを考えている為です。

こんな理由で所有権がローン会社となっているケースではそちらの自動車を自分の都合で売却はできないのです。どうしても売ってしまいたいならまず返済を完全に終わりにするかローンの設定し直しをすることで所有権者をご自身の氏名に変更した上で売ることが求められます。さりとて現実問題こんなことができるのは今現在持っている資産がいっぱいあるケースになってしまいます。であるならば、お金が無いならどうすることが良いのでしょうか。

そんなケースでは鑑定をやってくれた愛車買取ショップにご相談頂けますと、クルマの売却額から残債の支払いの分を完済させ、所有権をあなたの氏名に直して貰うことができるというワケです。手続きについてもすべて買い取り専門店に任せることが可能なので大丈夫です。