• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

なんと!車査定「事故歴など」の感想、所感

mt@502      -

なんと!車査定「事故歴など」の感想、所感

所有車売渡を依頼したときは、一番初めに値踏みを受けることになります。その時の審査については買取専門ショップの人がおこない、中古車市場の値段等から計算されるものとなります。

だいたいユースドカーとして売られている額の2、3割程度が買取の金額となっているようですが、人気くるまであったり、稀少車種であったりするケースでは高い買取額が付くなどの場合もあります。他にも、年式は新しい方が高額となります。一方でそうした買取の値段はお車がパーフェクトな状態のときであって、万全ではない時にはマイナスに査定されます。なかでも事故車などは見積価格に大きく響いてきます。

事故の跡といっても定義は微妙なところですが、基本的に車の本体であるフレームの部分までダメになるようなアクシデントを起こしたお車は事故車として扱われます。こうした事故車はあとから何かしらの被害が出るというリスクがあるので、見積価格に於いてはダメなものとなるのです。とはいえ、フレームの部分まで影響しておらず、外見を手直ししたぐらいなら問題ないのですが、でも事故歴としてはつくことになります。

モチロン修復歴としては付きますので負の影響があるものですが、事故車よりも低く見積もられることはないでしょう。それと、エンジンや変速機などに問題が起きている際にもマイナスという事で見られますし、普段のメンテナンスの状態が買取額に影響してきます。

そのあたりは素人目には分からない部分ですが、鑑定をしている買取専門ショップはキッチリとその辺を見てきます。

どちらの場合でも修復歴としては無いという事が古い車の見積が上げることができるかどうかの条件となります。