• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

まさかの車のリサイクル料のいろいろ

mt@502      -

まさかの車のリサイクル料のいろいろ

自分の車のを売却するさいの段取りというと下取と買取がございます。下取りの場合というのはおニューのクルマをゲットすると一緒に前の自家用車を買い取りしてもらうというものです。大抵販売会社が買取を行うためプライスはどっちかといえば低価格になることが多いです。

一方、買取の場合には中古車買取専門店がおこなっているもので、ユーズドカーとして店頭に並べることを前提として買取額を決めるため、やや高値での引受が期待できます。何れにしても所有車を引き受けてもらうことであり、、売却をする前に引受け額を決めるための査定が行われます。

審査をおこなう時に気になるのがリサイクル料となります。所有車見積もりで出してもらう額というのはその自分のクルマのそのものの価格、自家用車に附随するリサイクル料や自賠責保険など入れた額の2つの種類がございます。リサイクル料についてはくるまを買った時、またはリサイクル料が未納のときには車検を通したさいに支払いになりますので、将来的にユーズドカーを廃車にして解体する際に必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などをリサイクルするさいのコストという名目で使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、処分する場合にJARSから支払されることとなります。

コストは大体、軽であれば8000円位、国産車だと1万円程、輸入車等だと1万5千円くらい、その他で2万円位を入れる必要性があったりもします。大抵の車引受では、これらのリサイクル料金を愛車の引受け値段とは別で買い取られるというような事になるわけですが、リサイクル代金を含んで見積もりプライスであるというケースも有り、引受を望んでいる際にチェックしておくということが大事です。