• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

まさかの車査定と修復歴

mt@502      -

まさかの車査定と修復歴

車売却をお願いした場合には、まずはじめに査定を受けることになります。値踏みは買取専業店の査定士行うわけですが、くるまマーケットの相場などから計算されることになります。

一般的に古いクルマということで販売されている値段の2、3割程度が売却額とされていますが、人気の車種であったり、希少価値のある車などのケースでは高い見積額が付くなどの場合もあるようです。その他、製造年が新しい方がやはり高額となります。一方でこれらの買取り価格は愛車がパーフェクトな状態のケースであり、完全じゃない時だと低く査定されます。なかでも事故歴は買取の値段に相当関係します。

修理歴といっても定義があいまいですが、基本的には車両の本体であるフレームの部分にまで及ぶようなアクシデントを経験したお車はこれに当てはまります。そのような事故車はそのうち何かしらの悪影響が出現する危険性があるため、買取金額に関しては短所になるのです。その一方、フレームの方にまで影響がなく、外側を修繕した位なら大丈夫なのですが、とはいえ修復歴がつくことになります。

モチロン修復歴は付く訳ですからマイナスの影響は有りますが、事故車に比べ低い査定となることはありません。それと、変速機やエンジンなどに面倒が発生している際もマイナスという事で査定されますし、常々の維持管理の良し悪しが査定額に関係してきます。

この辺りは私達には分からない部分ですが、値踏みをおこなう買取専業店はシッカリその部分も見てきます。

どちらにせよ修復歴がないことが所有車プライスを上昇できるかどうかの分かれ目となります。