• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

ローンが残っている車の売却のことを考えてみた

mt@502      -

ローンが残っている車の売却のことを考えてみた

自動車買い取り専門店に評定を依頼したはいいけど、分割金を完済していないこともあり得ます。こうした時には、買い取って欲しいクルマの所有が貴方自身なのか他の方なのかどうか始めに確認しておく事が必須です。

本当のところ、持ち主に関してどの部分を見ればわかるのかといいますと、車検証に載っている氏名がくるまのオーナーとなります。

愛車を買う時に銀行などの自動車ローンを組まれた際は、こちらの自動車検査証に書かれているお名前がご自身の名前になってるはずですが、分割払いを組まれたのがクレジット会社である時にはお名前がその会社の記載となる筈です。クレジット会社でローンを組む場合になぜこのような形でその会社を所有者として登録しているのかと言いますと、その答えは支払いが滞納したりしたら、すぐに車を差し押さえして確保するためです。

そんな理由によって所有名義が信販会社にある際はその所有車を自分の好きに売る事は出来ないのです。何が何でも売却したいのであれば返済をすべて完済するか分割払いの組み替えをして所有者をご自身の氏名に変更した上で売却することが求められます。しかし、現実問題そんな手続きができるのは今現在手持ちのお金がいっぱいある時という事に限られます。だとしたら現金が不足している時はどうしたらよろしいのでしょうか。

こんなケースでは値踏みをしてくださったマイカー買取店に事情を話すと、マイカーの売却の金額から残りの返済分を支払し、オーナーをご本人の氏名に変えて貰うことが出来るという訳です。手続きに関しても完全に買取り業者にオマカセ可能ですから問題ありません。