• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

下取や買取といった種類のケースではどっちがオトクでしょうか!?そちらについてチェックしていこう

mt@502      -

下取や買取といった種類のケースではどっちがオトクでしょうか!?そちらについてチェックしていこう

使用済みの自動車を手放す場合における方法としては買取り、または下取といった種類が有ります。下取りといえば新しいクルマを購入した時には、前乗っていた中古車について買受して頂くものです。そのクルマが乗車が可能な車であったら価格が期待できますが、古すぎる車であった際は逆に処分のためのお金を請求されることも考えられます。

下取の場合は専門のお店が買受するとはならないので、希望金額での売却はムリだと思いますが、次のマイカーと入れ違いで乗り換えを可能といったメリットがあります。もう一つの買取りは、それ専門のくるま買取ショップに依頼して引受けをしていただくものです。その際の手続きが難しいといったデメリットが有るわけですが、引取りされたクルマは不要車という事で市場で取引されることがもともと大前提ですから、割かし高値での売却が望めるはずです。

下取であっても買取であっても手続きの時は様々な書類をまずは用意しておく必要があります。どのようなものが必要なのかというと車検証の原本や自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券があります。そして実印と印鑑証明、住民票なども必要です。

引取りの場合には譲渡証明書や委任状等も必要書類になりますが、そのあたりはお店の方が用意してくれます。手続きを依頼するコチラとしては、自動車検査証、納税証明書、リサイクル券と自賠責保険証、住民票、実印更に印鑑証明書が用意すべきものになります。審査の際もこれらをチェックされるため、紛失の時はまた発行していただくことが求められます。

仮に紛失の場合でも審査額自体はして貰うことは出来るのですが、その場ですぐの手続きはして頂けないため見積もりの値段にデメリットが出るでしょう。