• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

中古の自動車の買い上げには修復歴はどの程度関係してくるのでしょうか

mt@502      -

中古の自動車の買い上げには修復歴はどの程度関係してくるのでしょうか

u-car売渡をお願いした際には、まずは査定を受ける事となります。その際の評定については買い取りの専門店の担当者がすることになり、中古車市場の相場などから値段が出されるわけです。

たいがいクルマとして売りに出されている金額の2~3割ほどが査定価格となっていますが、人気車だったり、珍しい車種等の時には思った以上の高値がつくといった時もあるみたいです。それ以外にも、製造年は新しいほどもちろん高値が付きます。ただ、そうした買取り価格はその使用していた自動車が問題ない状態のケースであり、問題がある時はマイナスに査定されます。なかでも事故車などは買取プライスに相当関係してきます。

事故歴というのも定義はあいまいですが、基本的にはくるまの骨格であるフレームの方にまで跡を残すような事故を経験してしまったお車は事故車となってしまいます。そのような事故歴のあるくるまはその後何らかの悪い影響が現れる危険があるため、買取の値段においては短所になるのです。一方で、フレームの方には影響が無く、外側を修繕した位なら問題ないのですが、ですが修理歴がつきます。

無論、修理歴としては付くわけなので負の影響は有るのですが、事故車に比べ低い鑑定額となることはないです。そのほか、エンジンやギアなどに不具合が起きているときもマイナスという事で審査されますし、いつもの維持管理の状況が査定額に影響されます。

そんなところまでは傍目にはわからないところですが、評価を行っている専門店としてはしっかりとその辺りもチェックの対象としてきます。

どちらにしても修復歴が存在しないことが愛車買取金額についてはアップできるか否かの分かれ目となってきます。