• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

中古自動車の買受けプライスに事故車とはどう関わってくるか見ていきましょう

mt@502      -

中古自動車の買受けプライスに事故車とはどう関わってくるか見ていきましょう

使った車の売り渡しを希望した時には、一番最初に診断を受けることとなります。その時の格付けは買取専門ショップの人がすることになり、くるま市場の価格などから算定されるといったワケです。

たいてい使っていた自動車のということで売り出されている額の20~30%程が査定価格と言われていますが、人気のある車ですとか、珍しい車でしたりなどのケースでは想定外のいいお値段がつくときもあります。それ以外にも、製造年が新しければ新しいほどやはり高い金額となります。他方、こういった見積金額はユースドカーが万全な状態のときであって、完全ではないときだと低く査定されます。中でも修理の跡はプライスに相当影響します。

事故車というのも定義があいまいですが、基本的にくるまの骨組みであるフレームにまで影響しているようなアクシデントを起こした車は事故車という事となります。こうした事故歴のある車は将来においてなにかしらの悪影響が出てくるかもしれないという危険性が有るので、査定に於いてはダメなものとなってしまいます。とは言ってもフレームの部分にまで影響しておらず、外見をリペアしたくらいだったら問題ありませんが、ですが修理歴はついてしまいます。

勿論、修復歴が付く訳ですから負の影響は有るものですが、事故車よりも査定が低くなることは無いです。その他、エンジン等に問題が起こっているケースもマイナスに審査されますし、普段からのメンテナンスの状態が見積価格に影響してきます。

そういった部分は素人には分からない部分ですが、見積りを行う専業店ではしっかりそのへんも確認してきます。

どちらにしても直した痕跡がないことが中古車買取金額に於いてはアップできるかどうかのポイントとなってきます。