• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

今日は中古自動車査定制度について

mt@502      -

今日は中古自動車査定制度について

古くなった車の下取りや買取の際には、最初に査定をしてもらうかと思います。この場合の査定とは、ユーザーから買い取り・下取時に適正な審査をするための下調べであり、そのためにはいろんな方たちから認識され、かつ受け入れられた段取りじゃないとまずいのです。とはいえ、客側からすれば、値踏みがどのようにおこなわれてるのか具体的に確認できてなかったり、適正な進め方で調査されているのかはなかなか把握することが出来ないものですよね。しかしながら値踏みというのはお車の価値を決めてしまう大変決め手となる過程な訳なので、やり方や考えに種々のものがあれば社会が混乱する理由にもなってしまいます。

そういった混乱を起こさないためにも日本自動車査定協会と呼ばれる機関が存在し、中古自動車査定制度を制定しているのです。

「日本自動車査定協会」という機関は、適切な鑑定が行われるように取り組んでいる機関のことで、消費者が安心して鑑定に出すことができ、そして納得のいく結果となる制度作りの行いをしています。

分かりやすい活動の内容は、例を出すとしっかりした査定士を育てるために検定を行っており、査定協会が実行している学科や技能研修を受け、そして査定士技能検定試験という試験にクリアすることで一定の技能を保有する査定士としての資格が受け取れます。そうした上で査定士として活動するためには協会への登録を済ませてからになり、きちんとした心得や責務をもって我々のクルマの評定をします。言い換えると適正な査定を出すための資格を有している者が値踏みを行いますので、客側も不安なく買い取りや下取りに出すことができるのです。