• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

使用ずみの自動車を売りはらうときの手立てに関してですが、ここらでくわしくチェックしておきましょう

mt@502      -

使用ずみの自動車を売りはらうときの手立てに関してですが、ここらでくわしくチェックしておきましょう

不要車を売り渡す時のやり方としては買取と下取りの2つがありますよね。下取の場合は新しい中古車を入手するかわり、今まで乗っていたユースドカーを買い取っていただくというものです。殆どはディーラーが買取りをしますので買い取り金額のほうはどっちかというと低く見られることが多いです。

一方で買い取りの方は自動車買取専門店がやっていて、使っていた自動車という名目で販売する事を前提に買上げの価格を決定するため、どっちかというと高値の買い上げが期待できるでしょう。いずれにしろ使用していた自動車を売る事であり、売り払う前に引き受け金額を決めるための評価がされることとなります。

格づけを行うとして気になるのはリサイクル料になります。使用していた車の見立てで出される額というのは所有車そのもののお値段、自分のくるまのに附随するリサイクル料や自賠責保険などを含んだ金額の二種類が有ります。リサイクル料は使った車を購入した際、又はリサイクル料が未納だった場合には車検の際に支払いとなるもので、先々ユースドカーを廃車として処分するケースで必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等をリサイクルするための料金となって使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、壊してしまう際にJARSから支払されるということとなります。

その時の料金はだいたい、軽なら8千円程、国産自動車で10000円位、輸入車などで約1万5千円、それとは別に2万円ぐらいを納める必要性があったりします。大抵の自動車買受の場合、そうしたリサイクルの代金を中古車の買受け値段とは別個で買取されるということとなる訳ですが、リサイクルの料金をいれて評価の額としているケースもあり、引き受けを希望する際に前もって確認しておくということが大切です。