• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

使用済みの自動車を処分する際の手立てについてですが、このへんでちゃんと把握していきましょう

mt@502      -

使用済みの自動車を処分する際の手立てについてですが、このへんでちゃんと把握していきましょう

使用済みの車を売り払うさいの進め方といえば下取、そして買取というのがありますね。下取の場合というのは新しいお車を入手すると同時にいままで乗っていた使用ずみの自動車を買取してもらうというものです。ほとんど新車の取扱店が引き取りを行うので買い取り金額はどちらかといえば低目に見られる場合が多いです。

一方、買取のほうはくるま買取専門店がするもので、おクルマという名目で販売することを前提に買受け額を決定するので、割と高額な引き取りが期待できます。何れにしろ使用していた自動車を引き受けてもらうことであり、、売却をする前に買い受け額を決定するための評定が実施されます。

品さだめをして頂く時に気に掛かるのがリサイクル料です。使用済みの車の値踏みで提示される額としてはそのユーズドカー本体の額、中古車に付いてくるリサイクル料とか自賠責保険等含めた額の2つの種類が御座います。リサイクル料についてはその古い車を買った時、もしくは「リサイクル料」が未払いのときには車検を通した時支払いとなるもので、後にクルマを廃車にして処分する場合必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などをリサイクルするさいのコストという名目で使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、壊してしまう場合に自動車リサイクルシステムから支払われるということになります。

その場合の代金は、軽で8000円ほど、国産車であれば1万円ほど、外国製自動車等で15000円ほど、その他で20000円程を納める必要があったりもします。大半の使用していた車引き受けの場合、こうした「リサイクル料」を使った車の買上げプライスとは別ということで引き受けされるということになりますが、リサイクル料をいれて買取り額だという場合もあり、買取を依頼する際にはまずはチェックしておくということが必要です。