• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

改めて車売却とリサイクル料とのことだけどどうなんでしょう

mt@502      -

改めて車売却とリサイクル料とのことだけどどうなんでしょう

愛車を売り払う時の段取りというと買取と下取りの2つが一般的です。下取の場合はおニューのくるまを購入する時一緒にこれ迄のユースドカーを引き取って貰うというものです。だいたいは新車のディーラーが引き受けをおこなうので買取金額の方はどっちかといえば低価格に見られる場合が多いです。

もう一方の買取りの場合にはユーズドカー買い取り専門ショップが行っており、中古の車として販売することを予定に引取りの金額を決めるので、どちらかというと高目の買取が望めます。どっちにしても自分のくるまのを引き受けてもらうことであり、、売却する前に引受けプライスを決めるための鑑定がされることとなります。

鑑定を行うケースで気に掛かるのはリサイクル料になります。自分のクルマの見積もりで出される価格というのは自分のくるまのそのものの金額、車に附随するリサイクル料や自賠責保険などを含んだプライスの2種類があります御座います。リサイクル料に関してはお車を入手したさい、もしくは「リサイクル料」が未納のケースでは車検を受けた時に支払いになりますので、将来、お車を廃車として解体処分する時必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などをリサイクルする為のコストとなって使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体処分する場合に自動車リサイクルシステムから支払われることとなります。

料金はだいたい、軽だと8千円くらい、国産車であれば10000円位、輸入車などで1.5万円くらい、その他で20000円ほどをいれる必要があったりします。大抵のユースドカー引受では、こうしたリサイクル料金をユーズドカーの買い取り値段とは別ということで引き取られるというような事になるんですが、リサイクルの料金を入れて評価の値段としてる場合もあり、見積もりを希望する時事前にチェックしておくことが大事です。