• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

車の買い取りとリサイクル料金の感想、所感

mt@502      -

車の買い取りとリサイクル料金の感想、所感

中古車を売り払う時の進め方というと下取り、そして買い取りが有ります。下取りのケースは次のマイカーを購入すると同時に今迄の自動車を買取して貰うというものです。たいてい新車の販売会社が引取りを行うのでプライスの方はわりと低くなることが多いです。

もう一方の買取りの方は車買取り専門の業者がやっており、中古の車として店頭に陳列することを前提に引受け値段を決定するため、どっちかといえば高額な引受けが望めます。何れにしても愛車を引き受けてもらうことであり、、引き取ってもらう前に買い取り額を決めるための見積もりがされることとなります。

審査をしていただくケースで気になるのがリサイクル料となります。ユーズドカー値踏みで示される金額というのはその自家用車それ自体のプライス、車についてくる自賠責保険とかリサイクル料などいれた価格の2種類がありますあります。「リサイクル料」は中古車を手に入れた場合、若しくは「リサイクル料」が未払いの場合ですと車検を通した際に支払いとなるもので、後に自動車を廃車として壊してしまう時必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などなどリサイクルする時の代金ということで使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体する時にJARSから支払われるということになります。

費用はだいたい、軽であれば約8千円、国産車であれば10000円ほど、外車等だと約1万5千円、そのほかで2万円程度を納める必要があります。大体のユースドカー引受けでは、こうしたリサイクル料金をマイカーの引き受け値段とは他として買い取られるという事となるのですが、リサイクル料金をいれて見積もりプライスだという場合も有り、引き取りを頼むケースでは先ずはチェックしておくのが大切なこととなります。