• asiathemes.com
  • (2)245 23 68

車売却とオークションのことを考えてみた

mt@502      -

車売却とオークションのことを考えてみた

中古車を売る手順は、少し前までは販売店による引き取りと、中古車取扱店への売渡がありました。新しい車を購入する新車ディーラーに下取を依頼し、目当ての車を買っていくという人が昔はまあまあいましたが、現状だとこの方法を選択するって方は少数派です。下取りが、最もお得じゃないことが広く知られてしまったことと、Auctionに行かれるという目新しいやり方が知られ始めているからです。

古い車を専門とする競りというものがあって、中古車販売店や他のディーラーもそういった場所で売り買いをしていたりします。通常ですと参入ムリですが、代行してくれる業者を活用することで、普通の方であっても自分の車をAuctionで売却することが出来るようになっております。なお、もう一方の方法であるユーズドカー専門ショップへの売却としましては、第一に車を鑑定して頂き、望みの買取金額を示してもらえたなら契約の成立という流れです。

ユースドカーの専門ショップは、このように買い取った中古車をキチンと手入れして、自分の店で売ったり、競りに出品したりします。どんな手段を行うのかは人によりますが、何れを目標にしているかにより適する方法は異なります。なんでもいいからわずかでも高価に買い取って欲しい、ということであれば、Auctionの代行の専門店に頼むのが最も高く買取して貰える事が可能かと思われます。しかし安堵して引き取って欲しい、信用に足る買取店に買取して頂き、キレイに使ってくれる人に販売してもらいたいというのであれば、下取に出すかユースドカー専門ショップの方が安心できるでしょう。

代行専門業者に頼んだとしたら、売れるまで保守代金を考えなくてはならないので、買い取って貰うまでに時間が必要となるとコストが割高となる恐れがあります。ユースドカー専門業者なら買いたい方が現れる前に売却額を頂くことが出来るというアドバンテージがあります。